新・す ず ろ ぐ。
    だらだら日記書いたりしてる。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    飛影さんについてのおはなし(追記あり)
    tobikage

    商店街の方で記事にしたけど、改めて日記をば
    詳しくはこっちで書かれてる通り
    今回現地には行ってないんですが、間接的に参加してたような感じで。
    無事完売との報告を受けて関わった一人としてホッとしております。

    作ってる最中は前の日記に書いた事情もあって、間に合うかどうかギリギリになってしまって迷惑掛けてしまったので猛省。
    後、人間焦るとトラブルが縦続けに起こるモンなんだなぁと仕上げ期間はガグブルしながら作業してました)苦笑。
    ハンドピースから塗料がでなかったり、うっかり作業しすぎて水噴いたりと・・・色々。
    でも今回の経験で少し「ガレキを組み上げるコツ」みたいなのが少し解った気がして、良い体験をさせてもらったと思いました。
    ありがとう、ががさん。


    ブログの方に載せるの忘れてたんですが
    一応カラーレシピは
    白部分:クールホワイト(ミスターカラーGX)
    赤部分:ハーマンレッド(ミスターカラーGX)
    黒部分:ウィノーブラック(ミスターカラーGX)
    黄部分:キアライエロー(ミスターカラーGX)
    頭・胴体・膝の灰色パーツ:クールホワイト+ウィノーブラック少々+色の源シアン少々の鼠色っぽい感じ
    腕の灰色パーツ:グレー(旧:ガンダムカラー)
    の配色で塗って、仕上げはなめらかスムースにしました。

    刀パーツはガイアカラーのExシルバーとスターブライトブラスを使用。

    超合金魂のようなメタリック系に仕上げない方への参考になれば幸いです。


    まだ説明書の方はウェブで後悔されてないみたいですが
    アップされたら僕が作ってる時に感じたポイントなども
    キットを購入してくれた人(主にそんなにレジンキット作ったことない人)の手助けになるかも知れないので
    追記しようかと思います。

    2012/02/19追記。
    ががさんの方でアップされたようなので組みやすくするポイントなどを。


    ④番の胴体パーツ
    左右につける四角い内部パーツ(上記ブログ④番写真左)
    その上からつける五角形のパーツ(上記ブログ④番写真右)は
    内側をある程度削ったほうが関節仕込む際にスムーズにできると思います。
    ある程度動かして遊ぶ方は上記の両方のパーツを接着する時に
    真鍮線で補強しておくとパーツを外す際に胴体にテンションがかかって
    接着したパーツがとれてしまう事がなくて良いです。
    実際に組んでる時に自分が製作した物は
    強力な接着剤だったんですがとれてしまいまして)汗。

    ⑥の腕パーツ組立てで
    写真左の青線の入ってる1mm真鍮線を通すパーツも
    よく動かして遊ぶ方は0.9mmドリルで穴を開けておくと
    ポーズが保持されやすくて良いです。
    腕パーツの肘部分に接着する三日月状のようなパーツを接着する時にも
    小さくてギリギリかもしれないですが穴を開けて真鍮線で軸を打っておいたほうが
    ポロリ防止できて良いと思います。


    僕が作ってた時にやっていた事とやればよかったなぁと思ったことはこのくらいです。
    購入された方の組み上げた飛影を早くみて見たいなぁ・・・。
    スポンサーサイト
    コメント
    コメントの投稿
    URL:
    本文:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    トラックバック URL
    トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。