新・す ず ろ ぐ。
    だらだら日記書いたりしてる。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ゴカイメ・轟強襲水軍+α
    ホビーショップミドリのエプロンさんが「三国伝の水軍衆を可動化させてみよう」と
    製作記に綴られてたのに影響受けて、水軍祭3日前くらいに僕もやってみました。

    まず腕をエッヂングソーで綺麗に切り取ってから
    僕の場合はこれで最初に空洞の部分を殆ど埋めました。

    タミヤの速硬化タイプのエポパテ。
    ちょっと今回は硬い方が良いと思ったのでこれで。

    可動させる為に僕が選んでみたのは穴あけるだけでできる簡単なイエローサブマリンの関節技球体ジョイントを使ってみました。

    水軍衆の体に埋め込むのに小サイズがピッタリだったのでこのサイズを使いました。
    エプロンさんの使ってるプラサポやポリキャップを仕込む方法も
    良いなとは思ったんですが、平面に対して真っ直ぐ接続できる自信が無かったので低リスクな方法を選びました、時間無かったのも影響してまして。

    この方法でズゴックEとハイゴッグはこんな感じに動かせる様に。


    関節技のパーツが見えすぎず、可動範囲を狭くし過ぎずにバランスを考えてやってたんですがハイゴッグは右腕を失敗しちゃいましたorz

    一番ちっちゃいザク改は関節技を仕込む為にはかなり削ってしまい、ちょっと改修に時間が掛かりそうだったので簡単に
    プラ丸棒の3mmサイズを腕の方に接着して胴体部分に2.9mmのドリルで穴を空けて
    ポーズが保持されるようにしました、こんな感じ。

    タミヤの速硬化タイプのエポパテは硬くてそんなすぐにゆるゆるにならなかったので手軽にやるにはこの方法は良いかなと。

    やってみて思ったんですがやっぱポーズが取れる様になると良いですね。




    続いてはちょっとだけ弄ったモーちゃん。

    キットのまんまだとムギュッって感じに折角のモノアイが綺麗に見えなかったので
    お面を多少削ってます。
    ディジェの時はコミックワールドの普通のモノアイにしたくって両面テープで付け替えできるようにしました。

    モノアイはWAVEのH・アイズを使用したんですがキラキラ光ってる様にしてみたかったので

    キットについてるこういう↑ホイルシールの余った部分にH・アイズを

    タミヤのクラフトボンドでくっつけて光らせてみました。

    ちょっと解りづらいかも知れませんがクラフトボンドを多目に使って
    下の図の様に膜を作る様な感じで接着。

    接着する時に気泡とムラがなるべく入らない様にすると

    この写真はちょっと伝わりづらいかも知れないですが、澄んだ綺麗なモノアイにする事が出来ました。

    今回クラフトボンドの透明度が綺麗だったので使ってみたんですが
    似たような特性のクレオスのMr.美透明接着剤は使った事がなかったのと硬化時間早そうだったのでムラとかがどうしても残ってしまうのではと思ってこっちは使いませんでした。

    色々と参考にしてるガンプラ秘密工場(仮)のかめっチさんの所で紹介されてる
    この記事とかこの記事で使われてるラピーテープの接着面じゃない方で今回自分でやってみた方法を使用したら
    透明なH・アイズで多種の色のモノアイが出来そうだと思ったので今度手に入れたらやってみたいです。

    こういうちょっとした細かい方法も自分は全然知らないので
    面白そうだなと思った方法はドンドン挑戦して良いトコをこれからも覚えていきたいですね。
    スポンサーサイト
    コメント
    コメントの投稿
    URL:
    本文:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    トラックバック URL
    トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。