新・す ず ろ ぐ。
    だらだら日記書いたりしてる。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ニカイメ・瞳を書いてやると魂が宿ったりして。

    はてさて何とか企画倒れにならずに第二回目です。

    本日は僕も日々練習してる「SDガンダムの瞳」の書き方講座なんぞを。
    僕は写真↑に載ってるペン先が極細のポスカ使ってます。
    かの有名なブコンせんせいに教えてもらいましたが使いやすくて好きです。

    ポスカの良い所は発色の良さで隠ぺい力が素晴らしいです。あとそんなにムラが無い事。
    どういう風にかはおいおい。

    悪い所はプラスチックに塗るとインクの固着性が弱いので軽くひっかいたりするだけで削れます。

    でもプラモでガンダムファイトしない限り、落下とか不慮の事以外で瞳部分を削る事はまず無いと思うので問題ないかと。

    今回はサイトのネタ用に作ってるムシャマークツーの瞳を書いてみました。
    カメラアイの部分が大きいので書きやすかったからなんですが)汗




    まずポスカでカメラアイの色を塗ります。
    この時にポスカじゃない物(水性とかラッカー塗料、ガンダムマーカー)で塗っても構いませんが
    失敗した時や細かい修正が効かないので僕はポスカでしかやりません。



    ポスカが乾いたら黒いフチ部分を説明書とかその他資料のモノを参考にしながら書き書き。
    ブコンせんせいだとこの部分も爪楊枝を駆使しながら書かれてるみたいですが
    僕はこの時にポスカではなくこれを使ってます↓


    僕はミリペンって呼んでますが正式名ワカンネ。
    0・05mmのほっそい奴で油性インクの強いのがオススメです。
    水性インクの物でも試したんですがインクのノリが悪かったのであんまり好きじゃないです。

    ガンダムマーカーのスミ入れ用のだとポスカの上に書く時インクのノリは良いんですが
    発色が良くないと私的に思ったのでこれもあんまし好きじゃないです。



    またミリペンを使って瞳のガイドラインを書きます。今回は右方向に向いてる感じにしてます。
    この時に最初のうちは所謂「白目」部分のガイドラインを書いといた方が失敗しなくて良いかと。



    ポスカで黒目部分をガイドラインからはみ出さずに塗り塗り。



    そしてポスカで白目部分を塗ります。
    ガンダムマーカーとかと違って黒色の上に白色又は明るいトーンの色が綺麗に発色する上にペンなので手軽っつー所がポスカの最大の強みで作業性に優れてる点だと思います。
    しかし当たり前の事なんですが程度によっては塗りたくると多少ムラになっちゃうのでそこは気をつけるって事で。



    さっきの写真とあんま変わらないですがまたまたミリペンを使って曲線の修正をしてます。
    油性インクのペンとポスカを使ってると光をあてた時にわかるんですが
    油性部分と水性部分のツヤが違うので均一にする為にトップコートを軽く噴いて完成♪



    とりあえずポーズ取らせてみるとこんな感じに。
    目に表情ついて生き生きした印象になってれば成功かな。
    愛着も3割増しで沸いてくる筈)爆
    好みの問題なのですが僕はSDガンダムだと横井画伯の絵の方が好きなので
    どうしてもそっちよりな瞳を書く事が多いので今回もそうなりました。



    僕も色んなスタイルを模索してやってます。
    左は隠密忍者農丸の物を模写して色だけ変えて書きました。
    右の方は烈伝・零の漫画っぽい感じの瞳を目指して書きました。



    白目書くときに他の塗料ものせてミリペンで資料みながら微調整すれば影舞乱夢風なら簡単にできると思います。
    鉄機武者とか○伝キャラクターは難しいと思うので要練習って感じですかね。


    筆でラッカーでカメラアイ塗ってその上からエナメル塗料で書くって言うのが模型的には一番良い方法なのかも知れませんが
    敷居さげて手軽に楽しむ方が好きな人にはポスカで書くのをオススメします。
    自分がカッコイイと思える瞳の書き方を練習するのにも良いと思います、失敗しても
    爪楊枝とかでちょこっとこすればやり直しできるので。
    スポンサーサイト
    コメント
    コメントの投稿
    URL:
    本文:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    トラックバック URL
    トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。