新・す ず ろ ぐ。
    だらだら日記書いたりしてる。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    神速愛と超人兄弟
    まず始めにメビウスの方から見ました、友人等の評価が良かったので期待して。
    冒頭の「20年前の戦い」は早速噂のCG連発でしたが、スーツ演技に拘る特撮ファンは嫌がったでしょうが僕はむしろ「ウルトラマンが衛星軌道上で宙間戦闘してる」ってのが超人っぷりをアピールしてた様に見えたので良かったかと。
    Uキラーザウルスはホントにデビルガンダムにしか・・・ww。
    現在の神戸でテンペラー星人とメビウスが戦ってましたが噛ませ犬っぽい扱いのテンペラー星人にちと同情、昔は強いイメージあったんで。
    その分ガッツ星人とナックル星人の強さが昔通りだったのでコレは私的に嬉しかったです。
    タロウの声を石丸さんがあてたのは過去に劇場版「ウルトラマン物語」を見てたのでそんなに違和感無かったです。ゾフィーがギリアムしてたのも何故か違和感なし。
    物語全体としては「少年を通じて自身も成長する」くだりが伝わってくるのでシンプルでよかったと思います。
    TV本編をあんまり見てないのでどうなのかちと不明なのですがヤプールが強大な力を持って凶悪宇宙人さえも操る様はかつてFCソフト「ウルトラマン倶楽部3」を思い出しました(ちなみに巨大ヤプールがラスボス)。


    続いてカブト
    平成ライダーの劇場版では定番のパラレルワールドが舞台なのですがカブト自体時を超える事ができるのでタイムパラドックスを上手く利用したラストとかの物語構成が私的に良かったです。
    その分ライダーのバトルシーンが物足りなかったですね。
    ドレイクの装甲ってあんなに脆かったっけ?と一部突っ込みを入れたくなりましたw。
    天道の心情とリンクしてる主題歌は気に入ったのでCD買って練習決定)爆。

    どっちもこれから発売予定の番組紹介が似たり寄ったりで両方見ましたが次はボウケンジャーVSスーパー戦隊が早くみたいです。
    他には邦画の「ただ君を愛してる」が個人的に見たくなりましたが^^;A
    スポンサーサイト
    コメント
    コメントの投稿
    URL:
    本文:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    トラックバック URL
    トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。