新・す ず ろ ぐ。
    だらだら日記書いたりしてる。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    超電影版見てきた。

    ちゃんと入場者プレゼントの劉備カードも貰えました。

    映画の感想は想像より良かったです。
    もっとカクカクしてるのかと思ったらそうでもなかった。
    結構良かったと思います。

    お話としては
    胡軫ギャンと一回戦って吊橋から落ちる。
    龍帝剣を滝壺で失くす。
    馬超のいる村の人に助けてもらって胡軫たちが攻めてくる。
    劉備が龍帝剣無しで戦うのをみた馬超が滝壺に行く。
    馬超が龍帝剣取ってきて真・龍帝剣にモードチェンジ後
    三位一体になって胡軫撃破。
    三璃紗伝説が流れて終劇。

    と凄く短かかったけれどクオリティには満足しました。
    声優さんの演技もキャラクターイメージに合ってて僕は良かったと思います。

    上映後は3年前、企画がスタートした時から駆け抜けてきた事を思い出すと
    「ついにここまで来れたか・・・」と、感慨にふけっていました。

    自分が見に行った映画館で印象的だったのが
    子供の会話がチラホラ聞こえきて内容を要約すると
    ガンダム=リアルスケール物ってイメージがどうやら強いみたいなので
    TVアニメを通じて今の世代にも浸透していくと良いなぁと。
    張飛のおっちょこちょいっぷりが子供にはウケてたのでイケる筈・・・。

    平日の安い時にもう一回見に行きたいなぁ。
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。